外食の値上げ。食材・人件費高騰。コスト高と中食との板ばさみ

外食大手で値上げの動きが加速しています


・松屋フーズ:4月に全店で牛めし、カレーなど10~50円値上げ


・ハイデイ日高:4月に定食類を10~30円値上げ



・トリドールHD:3月にイカ天など13品目を10円値上げ


・ゼンショーHD:11月に一部メニューで10~50円


・すかいらーく:10月にグリルメニューで数10円


・鳥貴族:280円から298円に


・リンガーハット:8月に西日本エリアでほぼ全品平均4%



値上げの理由としては、


・食材の高騰

・人件費の高騰

・ブランドの向上

・光熱費の上昇

・サービス向上の原資












○客足は?


こういった値上げを発表した企業は、一旦は、市場から評価され、株価は上昇します。

但し、問題は、業績ですね。

値上げし、利益を確保出来ればよいですが、客足が減り、減益になると本末転倒ではないでしょうか?




値上げは、大変難しいですね。



今まで利用していた方は、前の価格を知っている為、その価格でそのサービスだから購入していた。

これが、サービス(商品)は、同じで価格だけが上がる事なので、満足度は下がりますよね?



企業としては、ここをどう捉えるかでしょう


・接客を重視して、接客の質を高める

・増量などのお得感

・スピード・質の改善



何かしら変えない事には、客数減は免れませんね。




○デフレ脱却?


こんなに価格が上昇しているという事は、いよいよ、デフレ脱却ですかね。

外食産業は、デフレの象徴とされ、価格は上がりにくいとされてきました



賃上げを背景にサービス価格の値上がりが定着すれば、脱デフレに近づきます


あちらこちらで、賃上げ・時給アップと景気の良い話が出てき始めていますが、まだまだ、人件費に苦しむ企業も多いですね




デフレ脱却に向けて、安倍さん、今がチャンスの時ではないでしょうか?







○人気記事

・7040問題。アラフォークライシス


・大丈夫か?日本


・給与が上がらない。昇進できない


・男でも女でも速やかな離婚が出来る方法





○自己啓発

・ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル


・神リッチ潜在意識プラクティス。人生形成術


・感じるだけで幸せになれる12のステップ



・自己啓発プログラム









励ましをお願いします(^_^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加