コンビニの既存店の来店数マイナスの現実

「コンビニ客減少続く!!既存店24カ月連続。ドラッグ店に苦戦」

日経新聞に記載がありました。
ドラッグストアやインターネットに押され、2004年以降最も長いマイナスが続く。
小売の勝ち組だったコンビニの成長神話にも陰りが見えてきた。

大手3社もマイナスとなり、
セブンとローソンは、8か月
ファミリーマートは、11か月
連続となる

ドラッグ店の市場規模は、6兆8500億 5.5%増
コンビニの市場規模は、10兆6975億 1.8%増
ネット通販の市場規模は、6兆7000億 13%増




○全店売上高
既存店はマイナスが続く一方で、全店の売上高は、出店拡大で伸びている
前年を2.4%上回る

但し、既存のオーナーは人件費の上昇、売り上げの低迷で苦しんでおり、新たに人材を確保する事も難しくなってきている。

次のステージをにらんだ進化が求められる


○コンビニの新規出店数

2017年3月末のコンビニの数は、5万4822。増加率は2.2%
つまり、1200店舗ぐらい増えていますかね。

増加率が鈍化したと言われて、この数字なので、もっと多かったのでしょう。

この新規に増えたコンビニは、1年経てば既存店に変わります。

1200店舗は、来年には、既存店という事になり、本来ならプラスに働きます。

小売業の新店は、新規開店から1~4年ぐらいが最も売上が伸びます。
周囲のお客さんから認知され始めるとどんどん伸びていきます

なので、新規出店が1200店あるのであれば、本来、この新規出店後、2年目の店舗の伸び率が、全体の伸び率に大きく貢献するはずです。

こればでの、コンビニの常勝手段でした。

イメージで言うと
5~10年目の既存店の伸び率:-2~2%前後
2~4年目の既存店の伸び率:4~10%前後

なので、既存店の全体を見ても伸びており、更には、新店を作れば作るほど、伸び率は、上がっていた時代です。

ただ、5年も経つと既存店のオーナーは伸びている実感はなく、近隣に競合が出来る恐怖でしかないという状況でしょうか。





○この問題点は?

この状態で、既存店がマイナスという事は何が問題なのか?

この新店を作っても売上が伸びていない事が重要な問題ですね。

考えられる事は
1.既存店(5年以上の店舗)の伸びが大幅に落ちた
むしろ、既存店マイナスが半端ないのでは?新店の伸びでも支えきれないほどの落ち幅。

・競合(自社を含む)とのバッティング
・ネットとの戦い

2.既存店(2~4年ぐらい)の店舗が伸びない
以前は、10%前後伸びていたが、2~4年でも2~3%しか伸びず、全体に貢献できていない

・既にその地域が飽和状態
・店に魅力がない
・不便


○結論
結論として、魅力が無くなってきているのではないでしょうか。
店に魅力があれば、競合が出来ても伸び続けますし、少しぐらい不便でも店まで行きます

勿論、ネットよりもリアル店舗で購入します

魅力がなければ、競合が出来なくても売上は落ちます。

ドラッグストアやSMなどの同質化競争で魅力を失えば、今後も厳しい戦いが待っています

小売業は、「常に魅力を磨き続ける」業態ですね




○人気記事
・7040問題。アラフォークライシス


・大丈夫か?日本


・給与が上がらない。昇進できない








励ましをお願いします(^_^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました