ピンチはチャンス。プラス思考のススメ。船井幸雄 「長所伸展法」、永守重信「情熱・熱意・執念の経営」

人生でも仕事でも必ず、ピンチと思う時はやってきます。






ピンチが来ると逃げたくなったり、憂鬱になる事も分かります!







ピンチが来ない人間なんているのでしょうか?




















結論から言えば、「います!!」






というより、ピンチもチャンスも考え方次第という事ですね。







ある出来事があり、それをどう捉えるかで、ピンチと考える方チャンスと考える方が発生します。







これを全てチャンスと捉えれば、ピンチが無い人が出来上がります。








プラス思考の発想です。




本日は、この本を読んでの感想です






即時業績向上法新装版 「つき」を呼ぶ原則経営のすすめ [ 船井幸雄 ]

価格:1,404円
(2018/10/24 11:31時点)
感想(0件)










この本を読んで、考え方が変わりました。








この考え方は、意外と馬鹿に出来ません




人間は、意識がある事に対しては、色々気付きますが、




無いものに関しては、目にしていても気付けない生き物です。







これは、考え方も同じです。





プラス思考の方は、全てを良い方向に考えるので、



良い出来事に気付きやすくなりますが、マイナス思考の方は、



悪い事ばかりに目が行きがちになります。そして、更に、悪い方に考える。


















結果、プラス思考の方は、いつも自分はツイていると考えます。





精神的にも良い環境ですね。






プラス思考がツキを呼ぶ事は、良く知られています。





問題解決の第1歩は、何事もプラス思考で考えるですね。









○問題解決方法






発想は、プラス思考で良いですが、では、具体的な方法として何があるのか?





先ずは、問題を紙に書き出す事です。




紙に書く事で、問題が明確化してきます。


頭の中だけでは、中々まとまりにくく、紙に書き問題を全体的にみる事で、



複数の情報を関連付ける事が出来ます。







整理が出来たら、脳に問題点が意識付けされます。





先ほども言ったように、意識付けされたら、




脳は、意識付けされた内容の物に反応し、気付けるようになります。





これは、閃きの一種ですかね。仕事で考えている時より、





休日の何気ない時に閃きが多いですが、脳が関係している情報に反応した証拠です。





もっと自分で考えたいのであれば、チェックシートなど使用すると良いですね。





今までのチェック項目に加えて、全く違う項目を入れてみる。





・拡大したら・縮小したら・逆にしたら・置き換えたら・どこか変えてみるなら








など、チェック項目が増えれば増えるど、新しい発見に繋がり易くなります。


これを、プラス思考で考えると、プラスの解決法が生まれます。










○チャンスは、ピンチの顔をしてやってきます



・素直なプラス思考は、ツイている人間にしてくれます。


・人間が、意識した事に対して、脳は年中無休で働いてくれ、関連している事を探してくれます




・解決の糸口が見つかったら、全力で取り組みましょう


・神様は、乗り越えられる試練しか与えません。必ず、成功します







偉大な経営者たちも失敗を繰り返していますが、基本的に失敗と思っていない事が共通しています。





しかも、成功するまで続ける為、結果的に、成功になっています。







日本電産の永守さんの言葉に




「すぐやる・必ずやる・出来るまでやる」とありますが、名経営者を表す言葉ですね






永守さんの本はこちら。




情熱・熱意・執念の経営 すぐやる!必ずやる!出来るまでやる! [ 永守重信 ]

価格:1,080円
(2018/10/24 11:34時点)
感想(18件)






百戦錬磨の経営者とは、こうあるべきだし、私でも参考になる格言が数多く記載しています







○人気記事

・7040問題。アラフォークライシス


・大丈夫か?日本


・給与が上がらない。昇進できない


・男でも女でも速やかな離婚が出来る方法





○自己啓発

・ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル


・神リッチ潜在意識プラクティス。人生形成術


・感じるだけで幸せになれる12のステップ



・自己啓発プログラム









励ましをお願いします(^_^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加