人材不足と賃上げの影響。構造改革の時期ですが。倒産件数急増。原因は、「人」。



この内容を約1年前に書いていましたが、いよいよ、人不足倒産が深刻な問題化してきました




特に、中小企業は、人材不足・後継ぎ不足により急増しています




社員を引き留める為の賃金を無理に上げたり、人材が確保できず事業が継続できない状態で倒産している企業が増加





過去の倒産件数は、最大でも340件だったが、現在のペースでいくと400件を超えそうな勢いであり、更新する可能性が出てきた




倒産理由としても、人が集まらない、人件費高騰が大きく上昇。



やはり、構造改革が急務の課題になっています





特に、中小企業は、深刻な問題です













2017年12月の記事


    ↓




最近の企業の決算発表を見ていると、減益が良く目につきます。




特に、サービス業や飲食業等、人材不足が重しとなり、業績が悪化。




リクルートジョブズによると3大都市圏の平均時給は、前年同月比で、2.2%高い、1024円だった。





年末年始の人手確保のため、2ヶ月連続で過去最高を更新。





こんなに上がって来ると、業績に響くのは当然ですね❗


















こんな状況のなか、政府は、更に賃上げを要求しています❗昨年よりは、表立ってませんが!



賃上げ企業の税制優遇等、官製主導でなんとか、賃上げしたいようです❗









勿論、賃上げは嬉しいです❗デフレ脱却のためには、必要です❗




ただし、デフレ脱却のためには、賃上げより可処分所得を増やす方が良いです。






給与上がっても、税金でとられ、使えるお金が減ったら意味無いですよね‼️
是非、可処分所得が、増える様にな政策を期待ですね❗







さて、ここからが問題ですが、人材不足で女性や高齢者の労働力を活用しようとなっていますが、時給が上昇しているなか、扶養に入っている女性の労働時間は減ります。





103万の壁があるので❗








上がれば上がるほど、労働時間が減る仕組みになっています。



企業も労働力を確保する為に、時給を上げる







矛盾していますね❗

103万の壁を引き上げた方が、早いですね。











人材不足、賃金上昇と業績悪化。


企業が、今後、とる方針は機械化でしょうね❗






今でも、機械化や、AI化に向けて取り組む企業が増えていますが、今後、益々、加速するでしょう❗




導入コストは高いが、運用コストはかからない機械。

集めるコストもかかり、運用するコストもかかる人間。










企業としては、機械化に舵をとるのは、当然ですね❗






まさに、今、構造改革が行われようとしています。






機械化、AI化に乗り遅れた企業は、淘汰され寡占かしていきます。






その時代に待っているのは?人余りの時代でしょう❗






自動運転、無人レジ等、10年も経たない内に普及します。





弁護士、会計士の様なこと知的労働は、AI。


人がいなくても回る社会が出来上がります❗
将来、今の職業の殆どが、無くなる予想も出ています❗










そんな社会でどうやって、生きていきますか?

















○人気記事




・7040問題。アラフォークライシス


・大丈夫か?日本


・給与が上がらない。昇進できない


・男でも女でも速やかな離婚が出来る方法





○自己啓発



・ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル


・神リッチ潜在意識プラクティス。人生形成術


・感じるだけで幸せになれる12のステップ



・自己啓発プログラム









励ましをお願いします(^_^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加