アマゾン紳士服ストアとユニクロ

アマゾンが、男性用ビジネスウェアを集めた新コーナー「スーツストア」を開設。
アオキ、コナカ、はるやま、タカキュー等と提携し、紳士服や雑貨を販売するとのこと。





団塊の世代の大量退職で厳しい局面に立つ紳士服各社は、「小売りの巨人」の懐に飛び込む道を選んだ。

Amazon側も手薄な男性ビジネスウェアに注力し、存在感を高めたいようだ。














衣料の世界もネットとリアル店舗の大規模な転換期を迎えつつある。
アメリカの米ギャップは、今年9月に約200店の閉店を発表し、百貨店大手のメイシーズも閉店に追い込まれている。





アメリカでの流れが、日本にも押し寄せてきている格好になってきた。






アメリカでは、ネットの驚異ははかり知れず、


アマゾンリフェクトは、今後も続きますね❗




アマゾンが入ってきた業種は、ことごとく潰れていく❗


















日本ではどうか?




紳士服大手各社は、アマゾンの軍門に下った。苦境だった時に、アマゾンの助け船に乗ったと言うところだろうか。
元気な企業もある。



ゾゾタウンの「ゾゾスーツ」。
計量測定スーツを無料で配布し、計測したデータから自分にあった服が選べるという、新しい試みを開始している。


最近では、ZOZOTOWNの前澤社長、月に行くと話題です❗
剛力彩芽と付き合っているなんて。



また、納税額も発表し70億などと話題なっています❗


話題は、それました。




勿論、洋服なので着心地や伸縮性等の問題も多いが、今後の可能性を秘めた取り組みですね❗





また、世界のユニクロは、アマゾンでは、販売しないと明言しています。
独自の取組で、注文して10日以内で発送とこちらも新しい取組を開始しています。



情報製造小売業という全く新しい分野に挑戦しています❗
ここまでやらないといけないほど、時代は変わっています❗





かたや、しまむら。


ユニクロと並び称された企業ですが、苦しんでいます❗


営業利益が、4割減益と衝撃です。






日本のアパレル業界は、変換期ですね




アマゾンにしてもユニクロにしても結局は、ネットとリアル店舗の融合が、キーワードとなっています
如何に消費者にとって有益か?






ネットとリアル店舗の新しい世界が広がりつつあります。
この変換期を上手くとらえる企業は、どこなのか?




今後も注目ですね❗



















○人気記事

・7040問題。アラフォークライシス


・大丈夫か?日本


・給与が上がらない。昇進できない


・男でも女でも速やかな離婚が出来る方法





○自己啓発

・ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル


・神リッチ潜在意識プラクティス。人生形成術


・感じるだけで幸せになれる12のステップ



・自己啓発プログラム









励ましをお願いします(^_^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加










この記事へのコメント