セブン、アスクルのIYフレッシュは、どうなる⁉️流行らない理由は、こちら。

セブン、アスクルのIYフレッシュ宅配サービスが、始まりました。

もちろん、アマゾンフレッシュに対抗したものですね✨

生鮮品を中心に5000品目を取り扱い、便利さを提供する。






セブンとアスクル。組み合わせは良いですね!










但し、価格とコストの問題もあります。




配送料が1回350円。4500円以上で、配送料が無料。
配送時は、保冷ボックスで出荷し、利用者の指定した時間に配達する。




共働き世帯を主要顧客と想定し時短需要を取り込む考えだ。




個人的な見解から言えば、現在の仕組みでは、思ったより、流行らないと予想します❗
話題にはなりますが、生鮮品の特徴、配送の仕組み、配送コストからいって、不便です。













理由
1.不便ですし、鮮度が分かる民族

家に帰って配送を待つ時間が勿体ない。また、生鮮品は、自分の目でみて買いたいと言う日本人は、多い。日本人は、鮮度が分かる民族です。
アメリカとの大きな違いデスネ




2.コストが高い。

生鮮品の特徴として、まとめ買いをあまりしません。新しいものをその都度、買いたいのが本音でしょう❗
新しいだけで、美味しいと思う民族なので。

配送の度に、350円かかっていたら、かなりの割高です。週に3回利用しても1050円。スーパーに買い物にいきます。
そもそも、共働きは、生活のためにやっている家庭が殆んどでは、ないでしょうか?
そんな家庭には、高すぎるコストです❗
利用するのは、一部の高収入世帯ですね❗




3.消耗頻度
ロハコと生鮮品。消耗頻度が、全く違いますね❗
消耗頻度が、違えば、相乗効果が、薄れます。
そもそもの客層が違うので、広告にはなるが、そこで注文までは、至らないでしょう❗




以上、流行らないと思う理由でした❗

ただ、取組は、面白いと思います❗





ターゲットを高齢者や買い物難民にシフトすると、かなり、面白いと思います❗

高齢者宅に注文機器を置いて、簡単に注文できる体制、山の中でもお届けします等やることで、十分行けそうですね❗

既に!そういったサービスは、ありますが、そこに大手の力が、フルに発揮できるのではないでしょうか?

セブンのオムニチャネルが中々、流行らないなか、今後も注目ですね❗

















○人気記事




・7040問題。アラフォークライシス


・大丈夫か?日本


・給与が上がらない。昇進できない


・男でも女でも速やかな離婚が出来る方法





○自己啓発



・ハッピーリッチプロジェクト 実践マニュアル


・神リッチ潜在意識プラクティス。人生形成術


・感じるだけで幸せになれる12のステップ



・自己啓発プログラム









励ましをお願いします(^_^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
























この記事へのコメント